DKSH、Kolzer社の先進的なPVDコーティングソリューションを日本と台湾に提供

Kolzer社は、PVDスパッタリング、PVDメタライゼーション、PLASMA、PECVDなど、種々の成膜条件を満たす非常に幅広い真空蒸着装置を製造しています。Kolzer社のソリューションは、自動車の反射板(リフレクター)、家具の装飾、自動車部品、ガラス製品、ボトルなど、幅広い用途で活用されています。Kolzer社の装置を導入することで、顧客は、従来のクロムメッキに代わる最新のコーティングテクノロジーを取り入れ、経済とエコロジーの両面で大きなアドバンテージを獲得する機会が得られます。また、Kolzer社が実現した先進的なテクノロジーとプロセスは、環境を守るだけでなく、クオリティオブライフ(QOL)も向上させています。

Kolzer社のマネージングディレクターであるAntonio D’Esposito氏は、次のように述べています。「当社のソリューションを日本と台湾のお客様にご紹介できることを非常に楽しみにしています。また、この目標の達成に向け、DKSHと提携できたことを大変嬉しく思います。DKSHの包括的なマーケットカバレッジ、充実した顧客データーベース、そして幅広い業界知識は、弊社のアジア市場進出の成功に役立ってくれるものと確信しています。」

DKSHテクノロジー事業部門の事業部長、Hanno Elbrächterは、次のように述べています。「私たちが目指しているのは、最先端の機械加工テクノロジーをアジアのお客様に提供し、お客様の生産性向上と競争力強化に貢献することです。DKSHは、クラス最高のアフターサービスサポートを保証することで、お客様の生産活動を支えていきます。DKSHの広範なマーケットカバレッジ、さまざまな市場セグメントでの成功実績、そして体系化された市場開拓(GTM)アプローチにより、今後、Kolzer社がアジア市場で順調に成長を遂げていくことを確信しています。」

Kolzer社について

Kolzer社は、1952年以来、ミラノで真空蒸着装置を設計および製造しています。設立当初から、Kolzer社には工業部門と強い結び付きがあり、それが事業発展の基盤となってきました。Kolzer社はイタリア・ロンバルディア州の高成長企業であり、世界市場を指向する社風から外国のお客様が95%を占めています。現在、Kolzer社は、欧州市場と世界市場で揺るぎない強力なリーダーシップの地位を確立しており、プラント数は1200を超えています。

 

DKSH ジャパンについて

DKSHジャパン株式会社は、世界35のマーケットに825拠点を有するスイスのグローバル企業「DKSHグループ」の一員です。1865年(慶応元年)に横浜で創業した「シイベル・ブレンワルド商会」を源流として、日本の産業と文化の発展に貢献してきました。2009年に社名を日本シイベルヘグナーからDKSHジャパンに改称、2015年に創業150周年を迎えました。

DKSHグループは、アジア諸国に強固なネットワークとブランド力を持ち、ビジネスパートナーに新規および既存市場でビジネスの拡大を支援する「マーケットエクスパンションサービス」のリーディングカンパニーであり、DKSHジャパンはその中核を担っています。

現在、DKSHジャパンは「テクノロジー事業部門」、「消費財事業部門」、「生産資材事業部門」の3つの事業部門を展開しています。テクノロジー事業部門は、各種産業機械、工作機械、ハイテク機器、特殊金属を中心に欧米およびアジアの一流メーカーの最先端テクノロジーを幅広く提供するとともに、質の高いアフターサービスをお届けしています。

 

本件についてのお問い合わせ:

 

Irene Chen

Director, Group Communications

DKSH Business Unit Technology

Phone + 886 2 8752 7611

This email address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it.

DKSH ジャパン株式会社

コーポレート・コミュニケーション 

牧 あすか

This email address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it.
www.dksh.jp

Phone 03-5730-7342

FAX 03-5730-7333